色々な付属機能


いくつか「こだわりポイント」を挙げましたが、ピンとくるものはあったでしょうか。
その中でも特に、「+α」にこだわりたい人は、ぜひドライヤーの付属機能に目を向けてください。
ドライヤー本体にブローブラシが付けられる形が、ほんの一昔前まではドライヤーにおける+αの一般的な付属価値でした。
最近は付属価値が幅広くなり、ドライヤーに何かしらの器具を取り付ける物だけではなく、ドライヤーから発生する風そのものが美髪に導くと謳う製品も多くあります。
どちらも少し掘り下げてみてみます。
まず、主にブロー時に役立つ、髪の毛をセットするのに便利な機能が付いているもの。
先ほど挙げた、ブラシが着脱できる物がやはり一番メジャーでしょう。
ブラシの櫛の間から温風が吹き出し、乾かしながらヘアスタイルにニュアンスを加えることができます。
自分でドライヤーを当てながらブラシを櫛することも、もちろん不可能ではありませんが、慣れるまでにコツがいります。でも、2つが一体になってしまえばそれほど技術は要りません。
また、軽いカールだけではなく、本格的な巻髪スタイルを作れるドライヤーもあります。
ドライヤーの先端にカーラーが付いていて、髪を巻き、一定時間温風を当てた後、カーラー部分だけを髪の毛に残すことができるのです。
アイロンやコテなど、他の器具を使わず、ドライヤー一本でセットできるというのは、楽でもあり、何よりお得です。
次に、髪の毛を乾かす際に重宝する、温風そのもので髪が綺麗にできるという機能を紹介します。
有名なのは、やっぱりマイナスイオンですよね。
マイナスイオン発生ドライヤーは、メーカーを問わず多く登場しています。
モノを潤す効果のあるマイナスイオンを髪の毛に吹き付けることで、しっとりとまとまり、艶が出ます。
また、水分を保つことで、静電気も起きにくくなるのです。
このマイナスイオンの長所をより活かすため、メーカー各社はマイナスイオンをナノ化したり、吹き付け口に工夫を凝らしたりと開発を進めています。
付属品と、美髪効果。
どちらを選ぶか、またどちらも備えた商品を選ぶか、ワクワクしてきますよね。
アタッチメントや機能の有無を調べるのには、家電量販店の棚に置いてあるメーカーそれぞれのカタログがおすすめです。
まずはお財布を持たず、カタログだけをそろえに行くのもいいかもしれません。